住工房プラスアルファ

九州の木で家を建てる会

約15年前、地元の工務店や取り引き先のみなさんに声をかけて「九州の木で家を建てる会」を発足しました。目的は地域の林業の活性化とCO2削減、そして地球を守るため。
高度成長期、日本では木材の需要が大きくなり国産材ではまかないきれずに、たくさんの輸入材が入ってきました。価格が安く、加工がしやすい外国産の木材は瞬く間に広がっていったのです。

現在、木材の国内自給率は約30%。使える木材が国内にあるにもかかわらず、日本は世界有数の木材輸入国になっています。
その影響で日本の人工林は人の手が入れられず荒れた状態が続いています。
山が荒れると、土がむき出しの地面に雨が降れば土は流れ出て土砂崩れの原因になり、保水力をなくした山々には酸性雨が降り注ぎ、浄化作用がみるみる落ちてしまうのです。

私たちにできることは何か。

「地産地消」で九州で育った木を家づくりに取り入れること。そうすることで山には新しく植林する予算が戻ります。
地元、九州の木を使うことで得られるメリットはたくさんあります。

そのためにも私たちは、地元の林業を応援し、木々を育てできることから地球と未来を守るために
少しでも力になれたらと考えています。

2017年9月25日(月)

平日相談会

家づくりを始めたいけど 何から始めたいいのか分からないからへ家づくりについてなんでも聞いてください。...

平日相談会

佐賀・福岡で「自然素材の家づくり」なら住工房プラスアルファ

佐賀・福岡で体にやさしい家づくりをご希望されている方、赤ちゃんや子どもに安全な住まいをつくりたいという方は「住工房プラスアルファ」にお任せください。佐賀・福岡を中心に「健康で長く住める家づくり」を追求しています。最も大切にしているのは「赤ちゃん基準」。国が定めた基準よりもさらに厳しい基準でチェックし、シックハウス症候群やアレルギー、アトピーで苦しむご家族を一人でも減らしたいと考えています。そのために、無垢材のフロア、珪藻土の塗り壁、紙と木でできた呼吸する壁紙、といった体にやさしい、安心・安全の自然素材だけを使っています。木の香りとぬくもりに包まれた、快適な住まいをぜひご体感ください。